机の上で開かれた二冊の本

浪人は楽しいの?一浪大学生が実体験を元にお話しします!

  • 2019年10月28日
  • 2020年3月18日
  • 浪人
  • 1487view
・浪人って楽しいものなの??
・勉強だけなのに、どうしてみんな楽しいと言うの?
このような疑問を解消していきます。
リー
どうも!一浪大学生のリーです!!

 

突然ですが、僕の中で浪人時代は本当に大事な思い出で、人生で最も充実して楽しかった期間だと断言することができます。

自分を語る上で、浪人は外せないですし、浪人時代が好きでたまりません。

 

大学生になった今でも、「あの頃は良かったな。戻りたいな。」と思うことが多々あります。

それぐらい僕のなかで、浪人は大切ですし、今の自分を形成している大きな要素の1つです。

 

そこで今回は、浪人は楽しいのか?というテーマに沿ってお話していきたいと思います。

結論:浪人は辛いけど、楽しさが上回る!

窓際にいる辛そうな少年

ハッキリ言いますが、浪人は辛いです。

どれだけ強い意志を持っていたとしても、苦しさを感じずに過ごせる人はいないでしょう。

毎日勉強することに抵抗がない人でも、1年間同じペースで努力を積み重ねることは辛いことです。

勉強をどれだけ頑張っても結果が出るまで時間はかかるので、成績が伸び始めるまでの期間はみんなしんどいと感じます。

さらに、浪人生はあまり体を動かす機会がなくてストレスがたまりますし、不安を感じるときも頻繁にあります。

ストレスフリーで過ごすことはできないと思っておいたほうがいいでしょう。

 

ですが、その辛さを上回る楽しさを、浪人を通して得ることができます。

それを乗り越えた暁には、あなたは著しい成長を遂げることができます。

どのように成長するのかは後ほど詳しくお話しますが、必ずあなたは浪人を通して強くなります。

そして、浪人して得られたものはあなたの人生できっと役に立つことばかりです!

僕が浪人して得られた知識や考え方は、今の生活に役立っていますし、浪人しなければこんな充実した生活はできていないと断言できます。

浪人が楽しいと思えるのはなぜか

それでは本題に入っていきます。

浪人が楽しいと言われる理由は次の通りです。

・過去一の努力ができる

・1つのことに集中できる

・成長を感じられる

・勉強をおもしろいと思える

・予備校講師との出会い

 

1つずつ解説していきますね。

浪人が楽しい理由①:過去一の努力ができる

浪人が楽しかったと答える人は、必ず努力しています。

その努力はちっぽけなものではなく、その人が生きてきた中で一番の努力です。

 

想像してみてください。

遊び盛りの時期であるにもかかわらず、一年間勉強に捧げるのです。

周りの同い年の人たちは楽しく遊んでいる中、自分は黙々と勉強を続けるのです。

朝から夜まで、勉強する生活を毎日毎日繰り返していきます。

 

自分で決めた道だったとしても、かなりしんどいと思いませんか?

そんな生活を乗り切るだけでも、立派な努力をしていると言えるでしょう。

ですが、ほとんどの浪人生は、自分の成績を伸ばし、第一志望に合格できる学力を身に着ける+αの努力を怠りません。

このような生活を続けることは、そのときは辛いことであっても、後から思えば楽しかった日々になります。

 

リー
部活は本当にしんどかったけど、今となれば良い思い出になっているよね!

 

僕が知っている限りでは、浪人生のときに過去一がんばることができた人ばかりでした。

なので、1年間頑張った人は、「浪人して良かった!楽しかった!」と口をそろえて言うのですね。

浪人が楽しい理由②:1つのことに集中できる

勉強する男性

浪人中は、勉強以外のことは基本的に考えなくていいです。

予備校に体育祭や文化祭のような行事はありませんし、友人関係も全く気にしません。

なので、自分が目標達成のためにやりたいこと、すなわち勉強だけに集中することができます。

 

思い返してみてください。

今まで何か1つのことだけに取り組んだことってありますか?

部活動や習い事に追われて、常に複数のことに取り組んでいた人が多いと思います。

 

一方で、浪人生はやるべきことが1つに定まるので、全神経を注ぐことができます。

1つのことに熱中し、全力で取り組む経験はあまりできない貴重なものです。

大学ではやることを1つに絞り切れないですし、社会人になったら自分や家族の生活も考慮しなければいけませんからね。

今は実感できないかもしれませんが、浪人を終えて少し時間が経てば、1つのことに集中できたことを楽しかったと感じるようになると思います。

浪人が楽しい理由③:成長を感じられる

浪人生は1日のほとんどの時間を勉強に費やすので、もちろん成績も伸びていきます。

その成績が伸びていく過程を楽しかったと捉える人もいます。

すぐに成績が伸びてくるわけではありませんが、少しずつ伸び始めたときは本当に楽しいと思えますよ。

「自分はここまで成長できたんだ」

「高校生のときより解ける問題が明らかに増えている!」

という実感が、あなたの浪人生活をよりいっそう楽しいものにしてくれるでしょう。

受験に向けて試行錯誤して頑張った期間というものは、自分のかけがえのない宝物になりますからね。

 

僕は成績が伸びていく過程、もっといえばその日々が大好きでした。

"朝起きて満員電車で勉強しながら通学して、予備校で勉強して帰って寝る"

こんな生活でしたが、「楽しかったなぁ」と心の底から思います。

浪人が楽しい理由④:勉強をおもしろいと思える

楽しそうに勉強している女性

予備校で授業を行う先生は大学受験のプロなので、わかりやすさが高校の先生とは大違いです。

僕は「高校の授業は何だったんだ」と思ってしまいました。

予備校の授業を受けてから、理解度がグンと上がり、勉強を楽しいと感じるようになりました。

自分の頭の中にドンドン入ってきて、すんなり納得、理解できる感覚は爽快でした。

今までの高校の授業や、これからの大学の授業では味わえないものですね。

 

僕は大学入学後でも予備校の授業を受けたいと思っていて、最近ついに映像授業を見始めました。

浪人時代にお世話になった先生方が多くいらっしゃる学研プライムゼミを利用しています。

無料で全講座の一講目を見ることができるので、興味のある方はどうぞ!

>>学研プライムゼミの評判は?実際に使ってみたので徹底解説します!

浪人が楽しい理由⑤:予備校講師との出会い

予備校の先生は本当にわかりやすい授業をされますし、何よりカリスマ性のあふれる人が多いです。

喋るのが上手だったり、おもしろいことを言って盛り上げてくれたり、本気で受験生のことを考えてくれていたり。

授業を受けている僕ら浪人生に「ついていきたい!」と思わせるような先生がたくさんいました。

 

僕も浪人生のときに授業を受けていた化学の先生がいらっしゃるのですが、めっちゃ尊敬していました。

1年間担当してもらったのですが、予備校の教材とは別に先生が出版されている参考書を購入して、それも使って予習していました。

 

リー
教え方が参考書に書かれている説明と同じで、理解しやすかったよ!

 

その先生は本気で人生を歩んでいる方で、色んな話を聞くうちに大きな影響を受けていました。

そして、一番最後の授業が終わった後に、参考書の余白にサインをもらいにいきました。

二冊持っていたので、ワガママを言って両方に違う激励フレーズを書いていただいたのは、今でも良い思い出です。

僕は大学で化学は学ばないのですが、その参考書は下宿先に持ってきて大事に保管してあります。

その先生がいなかったら今の自分はいないでしょうし、今でも尊敬しています。

 

このように、自分の人生を左右する先生に出会えるかもしれないのも浪人の楽しみでしょうね。

楽しかった浪人の経験から伝えたいこと

両手で花火を差し出す女性

浪人がどうして楽しいものと言われるか、少しでも納得できましたか?

確かに浪人生活はしんどいものですが、楽しいと感じる良い要素もあることをわかっていただければ嬉しいです。

そして次にお話しするのが、僕の経験からアナタに伝えたいことです。

僕も浪人していたからこそお話できる、あなたの浪人生活も楽しいと思えるように次のことを意識してほしいと思います。

浪人中は手を抜かず、真剣に過ごそう

先ほども少しお話しましたが、浪人は乗り切るだけでも努力を要する過酷な生活です。

しかし、それで満足するのではなく、自分の全力を出し切ってほしいと思います。

「これで無理だったら他に合格できる人いないだろう」というぐらい頑張ってみてください。

家族などの周囲の人に影響を与えられるぐらい、真剣に向き合いましょう。

中途半端な努力しかしていないと、大事な一年間とお金を無駄にしたという後悔で終わってしまいます。

しんどいとは思いますが、一生懸命頑張って、後悔のないように浪人を終えてほしいと思います!

浪人の経験は自信に変わる

夕日を背に楽しそうにジャンプする女性

浪人時代、真剣に勉強に取り組んで過ごすことができれば、「自分はやればできる子なんだ!」という自信がつきます。

僕は浪人してとても自信がついたので、大学でも勉強の他に色んなことをがんばっています。

自分に自信を持てると、色んなことに挑戦するようになって、日々の生活が充実していきます。

受験勉強を通して、あなたの生活を、さらに言えば人生を変えてやりましょう!

浪人を通して知識・見分が広がり世界が変わる

先ほども述べたように、予備校の先生はカリスマ性があり、良い意味でふつうの人ではありません。

どの先生も強い個性を持っていて、色んなことを知っているので、おもしろい話やタメになる話もいっぱい聞けます。

そんな先生たちの知識や考え方をいっぱい吸収できます。

また、精一杯頑張ることでしっかりとした考え方や軸が形成されるので、人として成長していきます。

結果として、浪人する前と後では世界が大きく変わります。

 

僕は浪人生活を通して、考え方や人間性が大きく変わったと思っています。

 

以前は頭ごなしに肯定・否定していたものを、一度立ち止まってしっかり吟味できるようになった点が大きな成長ですね。

それに加えて、"頭を使える"ようになったと思います。

 

リー
勉強のときだけでなく、普段の生活から頭を使って深く考えるようになったよ!

 

この他にも、自分のなかに存在していた強い学歴コンプレックスも消えました。

とても気持ちが楽になりましたし、自分の価値を高めることについて考えることができるようになりました。

 

ただ単に勉強に関する知識を身につけるだけでなく、人としての考え方などの勉強以外の面でも多くのことを学び、成長してください!

浪人は楽しいと言えるようになろう!

夕暮れの中両手を広げる人

浪人が楽しいと感じるのは、大学に合格もしくは入学してからの人が多いと思います。

なので、正直なところ受験生にこの楽しさを完全に理解してもらうことは難しいかもしれないです。

しかし、この記事で紹介したことを少しでも共感できたならば、正しい姿勢で受験勉強に取り組めている証拠だと思います。

 

浪人が楽しいと感じる理由をたくさん紹介しましたが、最終的にそのような感情を生じさせる一番大きな要因になるのは何だと思いますか?

 

あなたがサボらずに、精いっぱい努力できたかどうか。

 

これに尽きます。

結果が合格であれ不合格であれ関係ありません。

僕は残念ながら第一志望に合格することができませんでしたが、浪人の経験を活かして大学でも頑張っています。

 

 

どうか、今ある受験勉強に費やせる時間を無駄にしないでください。

必ずあなたにとって有益なものになります。

 

大学受験が上手くいくよう、心から応援しています!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

机の上で開かれた二冊の本
最新情報をチェックしよう!