dTVの評判・口コミは?メリットやデメリットもあわせて解説します!

VOD
ハテナを浮かべる女性
あなた
dTVの評判や口コミはどうなの?
利用する前にメリットやデメリットも知りたいなぁ。

 

このような悩みを解決します。

数々のビデオ・オンデマンド(VOD)が独自のサービスを展開している中で、dTVの評判などを考慮した上で利用しようか考えるつもりの方も多いでしょう。

そこで今回は、dTVの良い点や悪い点、利用者の評判や口コミも交え、他社の動画配信サービスとも比較しながらお話していきたいと思います。

この記事を読んで、dTVを利用するかどうかの参考にしてみてくださいね。

dTVとはどんなサービス?



月額料金 550円(税込)
無料期間 31日間
作品数 約12万作品
対応端末 スマホ、テレビ、タブレット、パソコン
ダウンロード機能 あり

dTVは、株式会社NTTドコモと、エイベックス株式会社が共同でスタートさせた定額制の動画配信サービスです。

月額550円という低価格で、約12万を超える映画やドラマ、アニメなどの様々なジャンルの作品を楽しむことができます。

他のサービスにはないオリジナル作品やライブ配信にも力を入れており、スマートフォンやテレビ、パソコンなどで視聴できる点も魅力的です。

 

\31日間の無料体験あります/

 

dTVの悪い評判や口コミ

話し合う二人の男性

まずは、dTVの悪い評判や口コミについて見ていきたいと思います。

 

 

dTVに関する悪い評判や口コミとしてまず見られたのが、再生中にとまってしまうこと。

やはり視聴中に停止してしまうことは多々あるみたいなので、注意が必要です。

ネットの回線が原因の場合が多いみたいなので、自宅の電波状況が悪い方は少し注意が必要だと思います。

 

また、複数端末で同時視聴できないことを嘆く声も見られました。

スマホやタブレットで登録できるという強みを、イマイチ活かしきれていないのが惜しいですね。

dTVに関する悪い評判や口コミを調べてみると、このように、再生中にとまることや、同時視聴ができないことが主な不満としてあがっていました。

この点を念頭に置いたうえで利用するかどうかを決める必要がありますね。

dTVの良い評判や口コミ

パソコンを指さす三人

次に、dTVに関する良い評判や口コミについてみていきたいと思います。

一番多かったのは、dTVの月額の安さに関することです。

やはり、毎月550円で利用できることに魅力を感じる人はたくさんいるようで、安さで惹かれて利用を決めた人もいるみたいですね。

また、dTVのジャンルの多さや、音楽ライブに関する口コミも見られました。

特にライブに関しては、好きなアーティストのものが配信されている場合もありますし、気になる方は要チェックですね。

dTVの評判や口コミからわかるデメリット

手から生えている木

まずはdTVのデメリットについてお話していきます。

今回お話するのは次の4点について。

・複数端末で同時視聴できない
・複数アカウントを作れない
・新作の更新が遅い
・再生中によくとまる

順に解説していきます。

①:複数端末で同時視聴できない

dTVはスマホやタブレットなど様々な種類の端末で楽しむことができるのですが、複数の端末で同時に視聴することはできません。

なので、家族でdTVに加入した場合、誰かがdTVを使って視聴していると自分は利用できないという事態も発生してしまいます。

一人暮らしなど、自分だけが使うのであれば問題ありませんが、他の人と共有で利用する場合は非常に不便に感じるでしょう。

②:複数アカウントを作れない

シーツの上に置かれたMacとスマホ

また、dTVは複数のアカウントを作れないので、1つのアカウントを共有することになります。

これによって生じるデメリットとしては、自分もしくは他の人の視聴履歴が筒抜けになってしまうこと。

dTVを利用するのが自分一人で問題にならない可能性もありますが、もし気になる方はアカウントを複数登録できる他の動画配信サービスなどを探してみるのも一つの手だと思います。

 

\動画配信サービスまとめてます/

③:新作の更新が遅い

これはアニメなどのジャンルでよくみられるデメリットです。

dTVは作品数自体は多いのですが、他社の動画配信サービスと比べると新作の更新があまりされないのが欠点として挙げられます。

膨大な数の過去作品があるので見る作品がないわけではないですが、やはり最新の作品が気になることもあるでしょう。

アニメや映画の流行についていきたいという目的でこの手のサービスを利用する人もいると思うので、もしそうなのであれば残念に感じられる点ですね。

④:再生中によくとまる

後で紹介する利用者の評判・口コミでも多く見られたのが、dTVで動画を楽しんでいる途中で停止してしまうこと。

自宅の通信環境や、サービス利用者が一時的に増えることにで引き起こされるみたいですが、せっかく映画やアニメを楽しんでいるのにスムーズに再生されなかったら嫌ですよね。

この点については少し残念に感じました。無料体験を通して自分の環境では問題ないかを試しておくのが良いと思います。

dTVの評判や口コミからわかる使うべき理由(メリット)

リビングにあるテレビ

次はdTVのメリットについて解説していきます。

ここで取り上げるのは次の5点について。

・月額料金が安い
・12万以上の配信数
・幅広いジャンル
・使いやすい機能が多い
・音楽ライブが見れる

順にお話していきます。

①:月額料金が安い

dTVの一番の魅力といえば、何といっても月額料金の安さだと思います。

他社の動画配信サービスと比べてみれば、そのコスパの良さは一目瞭然。

動画配信サービス 月額料金 無料体験期間
dTV 550円 31日間
Amazonプライムビデオ 500円 30日or半年
Netflix 990円~ なし
U-NEXT 2,189円 31日
Hulu 1,026円 2週間

利用するサービスによっては4分の1の月額で膨大な数の作品を楽しむことができます。

Amazonプライムビデオの方がdTVより少し安いのですが、作品数を考慮すればdTVの月額が少し高くてもいい勝負、もしくはそれ以上にお得になるのではないかと思います。

関連記事 【激安】Amazonプライムビデオの月額はいくら?愛用者がお得かどうかも徹底解説!

②:12万以上の配信数

dTVは月額が安いにもかかわらず、作品数は12万本以上を誇る動画配信サービスです。

他のサービスとも比較してみると、以下のように作品数が多い方に分類されることがわかります。

動画配信サービス 作品数
dTV 12万本以上
Amazonプライムビデオ 非公開(予測:数万本)
Netflix 非公開(洋画とオリジナル作品は手厚い)
U-NEXT 24万本
Hulu 7万本以上

もちろん作品数が多い=満足度が高いというわけではありませんが、選択肢が増えるのを魅力的に感じる人にとって、dTVはオススメだと思います。

 

\31日間の無料体験あります/

③:幅広いジャンル

dTVは作品数も多いですし、その分幅広いジャンルを取り扱っています。

アニメや映画、ドラマなどの多くの人が楽しむ大衆向けのコンテンツはもちろん、韓流や音楽系などの作品も豊富です。

数が多いからこそ、より多くの人の求めるジャンルを網羅しているのはdTVの強みなのではないでしょうか。

④:使いやすい機能が多い

バックパックを抱えてスマホをいじる人

また、dTVにはダウンロード機能でのオフライン再生が可能だったり、倍速や字幕表示ができるなどの便利な機能が多いです。

特にオフライン再生ができると外出先でもコンテンツを楽しむことができるので嬉しいですよね。

通勤・通学などの移動時間の退屈さから解放されるのは本当に助かるでしょう。

特に洋楽が好きな方は、字幕表示の機能が充実しているのは欠かせない点ですよね。日本語字幕と日本語吹き替えに切り替えができるのも嬉しいです。

⑤:音楽ライブが見れる

また、dTVの強みとして、音楽ライブを楽しむことができる点が挙げられるでしょう。

dTVは他の動画配信サービスにはない、エイベックス株式会社との契約があるので音楽ライブ映像を視聴することができます。

有名なアーティストのライブも数多く配信しているので、ファンにはたまらないコンテンツになっています。

映画をはじめとするコンテンツはもちろん、ライブが好きな方もきっと楽しめるのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

\31日間の無料体験あります/

 

dTVの評判や口コミ、メリット・デメリットのまとめ

白いリビングに置かれたテレビ

ここまでdTVのメリットやデメリット、評判や口コミをまとめてきました。

大事なポイントをまとめてみると以下の通りです。

・月額550円という低価格
・作品数は12万本以上
・音楽ライブの中継が見れる
・複数端末で同時視聴できない
・通信環境が悪いと再生中によくとまる

他の動画配信サービスに比べると低価格で数多くの作品が楽しめるのはdTVの大きな強みだと思いますが、再生中に止まってしまうのが残念な点。

自分の端末や通信環境で問題なく視聴できるかの確認も兼ねて31日間の無料体験を利用すれば、料金を払ったのにスムーズに見れないという事態を避けることができます。

利用を考えている方はぜひ、お試し期間で自分に合っているかどうかを判断してみてくださいね。

 

\31日間の無料体験あります/

 

最新情報をチェックしよう!