大学生やってるねんけど、その実態を暴露するわ

どうも、リーです!!!

 

みなさんは大学生に対してどんなイメージを持っていますか???

 

「専門的な勉強をしている」

「遊び呆けている」

「ワイワイしてて楽しそう」

など、色んなイメージがあるかもしれません。

 

今回の記事では、

実際、大学生ってどんな感じなんだ!?

ということを紹介していきたいと思います。

 

生活リズム

大学生になると、生活リズムがガラッと変わってしまう人は少なくありません。

まず大きな要因として、

一人暮らしを始める人が多い

からです。

親と暮らしていると、ある時間には起こされたり、

家の中には誰かしらいることが多いと思うので、

物音や話し声などで自然と目が覚めることでしょう。

しかし、一人暮らしは文字通り、一人ですので、

寝ようと思えばいくらでも寝ることができます(笑)

朝なかなか起きれない人は、何度も寝直してしまって、

気づけばお昼だった、夕方だったということもあります。

このように、大学生の生活リズムは乱れやすいです。

もちろん、しっかりと自分を律していけば大丈夫です。

 

また、大学の授業は必ず履修しなければならない授業以外は、

自分で選んで好きな授業を受けることができます。

なので、時間割によっては、

午前中休み(午前休)、午後は休み(午後休)、一日中休み(全休)、

といった日程を作ることも可能なのです。

高校までとは違い、

同じ学年学部学科であっても、人それぞれの時間割が存在します。

なので、生活リズムは一概にこんな感じ!!

とは言えず、本当に人それぞれの生活を送っています!

 

大学生になって一番感じるであろう違いは、

自由度が非常に大きくなる

という点だと思いますよ!!!

 

勉強面

大学の勉強というのは、専門性が増すなど言われていますが、

それは、学年が上がるにつれてです。

ほとんどの大学、学部では、

一年次は一般教養という、世間の一般常識のようなことを学んだり、

知っておくと便利な知識を学ぶ授業を履修します。

例えば、どこかの国について詳しく知る授業や、

世界の音楽や食などの文化について知る授業などが挙げられます。

これらの授業は、自分が知らなかったことや、興味あることを学べるので、

とっっっってもおもしろいです!!!!

 

 

僕はスペインのサグラダファミリアに興味があったので、

スペインの文化について学ぶ授業など、関連する授業をいっぱい履修しました。

大学に入るまで、外国の文化なんて全く知らずに育ってきたので、

新しいことをいっぱい学べて、とても楽しかったです!!!

 

それに加えて、必ず取らなけばいけない授業(必修)で、

その学部にとって必要な基礎知識を学びます。

例えば工学部などの理系だと、数学や物理、化学の授業があります。

特に一年生の前期のこれらの授業は、

高校の勉強の基礎がしっかり身についていたら、難しくありません。

ちゃんと授業に出て教授の話を聞いていればほとんど理解できると思います。

試験の問題もそんなに難しい問題は出題されないはずです。

僕は試験の問題を見てビックリしました。

 

「このレベルの問題かよ!!例題とほぼ同じや!」

「まって、これ高校数学の問題やん!!」

これらは一番最初の数学の試験で僕が実際に感じたことです(笑)

 

逆に、高校の学習範囲に不安がある人は、

高校の教科書を捨てずにとっておいて、少しずつ復習してみたり、

大学の授業の予習復習を人一倍頑張るなどの努力をするといいでしょう。

まぁ、大学での勉強って、真面目に授業出てたら最低限、単位はもらえます。

みんな大学に入ると、急に授業をサボりだし、勉強しないようになるので、

履修した授業の単位を落とすハメになっちゃうんです(笑)

勉強量がそこまで多くなくても、真面目に努力を続ければ、

単位はしっかり取得できますし、留年することもまずありません。

なので、焦りすぎて自分を追い詰める必要はありません。

受験期ほどの勉強は必要ないので、

少しの勉強をできるだけ毎日コツコツと続けることが大事です。

 

大学の授業は、高校までとは少し違った形のものが多いので、

ぜひ楽しみながら色んなことを学んでほしいと思います!!!

友人関係

大学に入学すると、本当に色んな人と出会うことができます。

その理由としては、まず、

入学してくる人が全国各地から集まった人である
からです。

高校までは、スポーツ推薦などがある学校は別にして、

同じ県の人ばかりが集まっていたと思います。

大学になると、これがいきなり全国にまで広がります。

すごいと思いませんか???

僕は、北は北海道、南は沖縄まで知り合いがいます。

各地域に最低一人は知り合いがいるっていう状態です(笑)

いやー、本当に話していて飽きないんですよね。

自分が行ったことない場所のことを知れたり、

方言や訛りを聞くのもおもしろくて良い勉強になっています。

しかし、色んな人が集まってはいるのですが、

高校みたいにクラス一丸でなにかやるって機会があまりないので、

親しい友人と作って、自分の存在意義を見つける場所を見つけることは、

明確な区分があった高校より少し難しいと思います。

特に上でも述べたように、一年の間は専門科目は少ないので、

同じ学科の人より、一般教養で仲良くなることが多くなるケースも考えられて、

他学部や他学科に友人が多くできることもあります(笑)

同じ学科の人とは、専門性が増すにつれて同じ授業を受けることも多くなるでしょうし、

急いで仲良くならずとも、いつかは仲良くなるので安心してください。

とりあえず学部学科など考えず、色んな人と仲良くなって人脈を広げるといいですよ!

アルバイト

みなさんの高校は、アルバイト禁止ですか??

僕の通っていた高校はアルバイト禁止だったので、できませんでした(笑)

なので、大学生になってはじめてアルバイトデビューしました。

 

ぶっちゃけますと、

大学生になると予想以上にお金を使います(笑)

僕は大学に入学する前、

「お金無い無い言うてる大学生って何してんの!?」

「無駄使いしすぎやろー!!!」

って思っていましたが、僕は今金欠です(´;ω;`)

一緒にご飯食べに行ったり、長期休暇に旅行に行けばお金なんてすぐに飛んでいきます。

まだまだ遊びたい!

って思ってもお金がなくて断念するのも事実。

なので、いっぱい遊びたいと考えている人はアルバイト必須だと思います。

僕の友人の9割は何かしらのアルバイトをしています。

残り1割は、家がお金持ち(らしい)なので困ってなさそうなのと、

私生活が謎でお金を使っているのかもわからない人なので(笑)

 

これは完全に僕の個人的な意見なのですが、

お金に困っていなくてもアルバイトはするべきだと思います。
アルバイト先で色んな人と出会えば人脈が広がりますし、

何よりアルバイトで養われる態度や知識、そして言葉使いは絶対に役に立ちます。

僕はイタリアン料理をメインとする居酒屋でアルバイトをしていますが、

ワインの品種やお酒の種類の基礎知識や、料理名から外国語を学んでいます。

どこかで聞いたことあるような、オシャレなカタカナ言葉の意味とかを教えてもらっています(笑)

特に将来、酒付き合いは避けられないと思っているので、いい勉強になっています。

バイト先の方に怒られたり、お客さんに嫌なこと言われたりもしますが、

そのような経験も自分の成長に必要だと思っています。

 

 

 

 

ここで一つ注意点なのですが、

学年が上がるとキャンパス移動がある大学で、自分が移動する場合、

入学してすぐに動いて、バイト先を見つけましょう。

一年しかいない場所だと、なかなか雇ってもらえません(泣)

仕事に慣れた頃にやめられては、店側も困りますからね。

でも、入学直後はイベントが多いし、一人暮らしに慣れるので精一杯という人は、

先輩の力を借りて、一年間だけでも雇ってもらえないか聞いてみましょう。

僕は諸事情により、1年生の6月いっぱいまでアルバイトができなかったので、

7月に入ってすぐ、色んな先輩に声をかけてバイト先を見つけました。

本当に先輩様様で、感謝しています(笑)

 

みなさんが大学生になってアルバイトを始めるときには、

とにかくいっぱい働くことでお金を稼いで、

ほしいものを買ったり、したいことをするのも大事ですが、

大学生の本業は学業であることを忘れないようにしてくださいね。

サークル・部活

大学にはサークルや部活といったものが存在します。

僕の大学の認識では、

サークルはみんなで緩く楽しんでワイワイする部活はガチ

って感じですかね(笑)

どちらに入るかはみなさん次第です。

新入生のガイダンスや新歓に参加して、自分が入りたいと思ったところに入ればいいと思います!

僕の周りでは、部活よりサークルに入っている人が多いですね。

部活やってる人は、お金もかかって時間もいっぱい取られて、

家にクタクタになって帰っているので大変だなーって思いますが、

真剣に取り組んでいる姿を見るとカッコいいなって思います。

サークルは見ていて本当に楽しそうで和みます(笑)

サークルや部活は友達も増えますし、大学生活の大きな一部になるでしょうから、

参加を検討してもいいと思います。

また、先ほどのようにキャンパス移動がある場合、

移動先で新しくサークルなどがあるかどうかを先輩に聞いておくと、

キャンパス移動後にサークルに困ることがないと思いますよ!

 

まとめ

さて、大学生がどんな感じなのかわかってもらえましたか?

途中から、

「~するといいよ!」

みたいなことばかりでしたが(笑)

大学生になると、生活環境がガラッと変わることが多いと思うので、

あらかじめどんなものなのかというイメージをもっておくと、

新生活に慣れやすくなるのではないでしょうか。

大学は本当に楽しいですし、机に向かう勉強以外にもいろんなことを学ぶことができます。

ぜひ、自分が大きく成長できる大学生活にしてほしいと思います!

最新情報をチェックしよう!