勉強の間の休憩方法を伝授しよう

学問

Sponsored Link




どうも、リーです!!!

 

学生のみなさん、

勉強して疲れたら、どんなことをして休憩していますか??

特に受験生はかなり多くの時間を勉強に費やしているでしょうし、

休憩の仕方というのも大事になってくると思います。

 

そこで、僕が受験期を通してやっていた休憩方法についてお話したいと思います!

 

Sponsored Link




仮眠をとる

僕は一番コレが効果あったなぁと感じています(笑)

やっぱり疲れたら寝るのが一番だね!!!!

 

塾や予備校の自習室では、寝ていると雰囲気悪くなるからって

厳重注意されるところもあるかもしれません。

そのような場所だったらオススメしにくいですが、、

居眠り禁止でも、実際は寝てる人がいたり、

先生も見逃してくれるのが多いのではないでしょうか?(笑)

確かに長時間の居眠りや、いびきは周囲を不快にさせるかもしれませんが、

短時間の仮眠であればいいんじゃないかなと思います。

オススメの仮眠時間は、15~20分間で、

机に突っ伏す感じで寝ましょう!!!

30分を超えてしまうと眠くてしんどいだけです。

目が覚めてまだ寝たいと思っても、潔く起きて勉強に戻りましょう!

オススメは、寝る前にコーヒーなどでカフェインを摂取してから、仮眠をとることです。

一般的にカフェインの効果が表れるのが、

摂取してから15~20分後だと言われているので、

ちょうど目を覚ましたい時間にカフェインが効いてきます。

 

ちなみにこの15~20分の睡眠のことをパワーナップといい、

夜の3時間の睡眠に匹敵し、

回復した集中力や注意力は150分続くと言われています!!

 

特にお昼ご飯を食べた後は眠たくなりますし、

僕は、

眠いままダラダラ勉強するぐらいなら、短時間だけ潔く寝よう

という考えだったので、昼食後はよくパワーナップをかましてました(笑)

でも、授業中はしないほうがいいと思います(笑)

自習中であれば寝てましたが、

授業中はどれだけ眠くても睡魔と格闘しながら授業を聞いていました。

自習は後でもできるけど、授業はその瞬間しかできない

と考えていたからです。

なので、ひどい時は白目むきながら授業聞いていました(笑)

 

仮眠の有効性は最近注目されていますし、

試してみる価値はあると思いますよ!!!

甘いものを食べる

僕は超甘党です(唐突な宣言)

なので、予備校に毎日お菓子を持って行っていました(笑)

小さいポーチに飴やチョコレートを入れ、常に携帯してたんですね(笑)

勉強を頑張って、一息ついたときに、

チョコレートを頬張ってみたり、飴をなめてみたり、

甘いものに癒されていました!

周りに匂いがいってしまうものは良くないと思いますが、

一口で食べれる甘いものなら、あまり周囲に影響はないと思います。

集中力を維持するにはブドウ糖が必要と言われていますし、効果ありですよ!!

チョコレートの他にも、ラムネとかも効果があるそうです!!

それを知った友人は模試の休憩時間とかに、ずっとラムネ食べてました(笑)

ちょっとした楽しみがあると、勉強だって頑張って乗り越えられますよ!!

ストレッチ・深呼吸をする

やはり勉強していると体を動かしたくなりますよね。

僕はトイレに行くために自習室を出たら、必ずストレッチをしていました。

思いっきり伸びをしたり、肩や腕をほぐしてリラックスしていましたね。

ちょっと体をほぐすだけでも、結構いい気分になりますよ~

それに加えてやっていたことが、

深呼吸

です。

自習室は多くの人が利用するにも関わらず、

人の出入りもあまりないので空気が悪い感じがしませんか?

もちろん、これは仕方ないことなんですけど、

外の新鮮な空気が吸いたいなー

って感じることもあるはずです。

僕は長時間自習室にいたあとは、外の空気を吸える場所、

例えば廊下の窓際や、予備校の外に行って、

外の空気を吸って深呼吸をしていました。

特に冬場は、外の空気はひんやりとしているので、

目も覚めますし、リフレッシュできますよ!

散歩をする

僕の休憩の楽しみの1つであったのが、

散歩

です。

僕はとても汗かきなので、夏に散歩すると大量の汗をかいてしまい、

その汗がひくまで勉強できませんし、服や教科書ががビチョビチョになるのが嫌なので、

秋から冬にかけての涼しい時期に休憩がてら散歩に出かけました。

好きな音楽を聴きながら、予備校の近くをブラブラ歩いていました!!

軽い運動を20分行うと、その後3時間ぐらいは集中力や考察力が高まる

と言われていますし、

公園など緑の中で5分体を動かすと、心身ともにリフレッシュできる

ということもわかっています。

このように体を動かす休憩を勉強の間に入れることは良い効果をもたらします。

勉強ばかりで体を動かさないと、疲れがたまってきて、

段々しんどくなってきてしまいます。

適度に体を動かして、ストレスを解消しちゃいましょう!

笑う

笑う門には福来る

ってことわざもありますし、

しんどいときは笑いましょう。

一人でも無理に笑ってたらバカらしくなって、自然と爆笑できました。

傍から見たら、完全に勉強のしすぎで頭おかしくなった人でしたね(笑)

でもやっぱり笑うことで元気が出てきたり、

こんなちっぽけなことで悩んでいても仕方ないな!頑張ろう!

と前向きな気持ちになることができました。

笑うことによるメリットは医学的根拠もあるみたいですし、

ぜひ日常生活でいっぱい笑うようにしていきましょう!

 

今度笑うことのメリットとかの記事書いてみます(笑)

 

ぼーっとする

意図的にぼーっとする

ってなんか矛盾していて難しいように感じますが、

意外とできる!!!

どこかを見つめて、考えることをやめ、ぼーっとする。

完全に魂が抜けるぐらい放心しましょう(笑)

はっと意識が戻ったときに、

神経がピンと張ったような感覚になって、

再び集中力を取り戻せます。

 

なんでこんな方法を取ろうと思ったのかといいますと、

勉強して考えることにつかれたなら、考えることを一回やめてしまえばいいじゃん

という発想に至ったからです(笑)

ホンマ自分ってアホなことしか考えへんなぁって思いますし、

自分で思いついたからこそ、効果があると体が思い込んでいるのかもしれないですね。

興味がある方はぜひチャレンジしてみてください(笑)

最後に

受験生が勉強に追われ、とても大変なことは十分わかります。

僕もそのような時期を乗り越えてきたのですから。

毎日勉強に追われ、ストレスもいっぱいたまる生活で、体調も崩しやすくなってしまいます。

なので、勉強の合間の休憩などを有効に使って、

少しでもストレスを取り除いていくことが大切だと思っています。

休憩すら削って勉強しても、本番に体調を崩してしまっては意味がありません。

日ごろから体調を整えておくという面でも、

休憩でリフレッシュしてストレスを軽減したり、

軽く体を動かしておく、

ことが大事になります。

何事も日々の小さな積み重ねが効いてきますからね。

ガンバレ、受験生!!!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました